ラムズの歴史

〈2003年〉

鬼塚・上田・中西俊彰が長柄のグランドで野球を始める。

友人同士を集め、ほそぼそと活動開始。

 

〈2004年~2006年〉

それぞれ部活やアルバイトもあり、時々野球の練習をしていた。

2006年くらいから上田や鬼塚が自分のスタイルを持ち始める。

 

〈2007年〉

9月にラムズとしての初試合を行う。

結果は負けたが、上田も安打を放ち、今後のラムズに希望が見いだせた。

 

〈2008年~2010年〉

この年から定期的に試合を行う。

メンバーも助っ人を毎回集めていたが、平井や坂本・岡崎兄の入団により

ラムズ単体で試合ができるようになる。

 

〈2012年~2013年〉

ラムズ飛躍の年。勝率も5割を超えた。

 

〈2014年~〉

大学を卒業し、社会人が増える。

奈良県外に住む人が増え、試合は専らGW・お盆などの長期休みに行う。

 

 

 

 

 

 

長柄グランド
長柄グランド

良く使う長柄グランドです。

What's New

上のリンクから、写真や、歴史について見ることができます。

 

2017年5月20日更新です。